海外進出を目指そう!翻訳会社に依頼をするメリット

女性

日本語から多言語へ

多言語翻訳とは、日本語から多言語へ、またはその逆に翻訳するサービスのことです。様々な会社からサービスが提供されており、コスト、レスポンスの早さ、質の高さ、対応言語の多さなどは千差万別です。自社のニーズに合わせて選ぶのが大切です。

詳しく見る

ニュース一覧

アルファベット

金なる翻訳の費用

翻訳会社が評価される時、焦点となるのは翻訳の正確性です。料金面が気になるのは確かですが、言いたい事を正確に翻訳してくれるか、ニュアンスを上手く捉えて翻訳してくれるのかが重要です。安さだけで翻訳会社を選ぶのではなく、翻訳会社の実績なども参考にする事も大切です。

詳しく見る

オフィス

グローバル展開に必須

多言語翻訳の必要性が高まっているのは、インターネットの普及とグローバル化の進展が大きな理由です。ビジネスの場が世界中に拡大している昨今では、現地の言語に対応させることが不可欠となっています。出版翻訳や映像翻訳でもそうしたニーズは高まってきています。

詳しく見る

PC操作

翻訳の依頼先と専門性

翻訳会社には専門性があり、所属する翻訳者の対応言語や専門分野が異なります。また、技術的な翻訳を複数回依頼する場合はコンピューターソフトを用いた翻訳が可能で、作業効率を上げることが出来る手段とされています。

詳しく見る

言語

本づくりに役立つ

多言語翻訳をしてくれる専門的な会社があります。例えば、日本語で書かれている書籍を海外でも読んでもらえるようにするために活用できるのでお勧めです。また、ホームページも多言語翻訳してみましょう。そうすれば、多くの人に見てもらえます。

詳しく見る

企業における翻訳

ENGLISH

業者選びのコツ

企業が、日本語から外国語へ翻訳したいというシーンは様々ある。海外企業との契約を取り交わすための契約書作成や、海外向け商品のマニュアル作成、Webサイトの外国語版作成など様々ある。これらの文章については、文章表現が悪かったり、意味合いがことなる文面で翻訳してしまうと問題につながるケースがある。その為、企業における翻訳ではプロの翻訳家に行ってもらうことが必要になる。これらの翻訳では、翻訳会社に依頼して行われることが多い。翻訳会社は数多くあるが、翻訳会社の中からどのような会社やサービスを選択するか迷うこともある。翻訳会社を選ぶ際には、専門用語を含む文書翻訳の場合には、その分野に詳しい業者を選ぶ必要がある。専門用語の翻訳では、そのまま翻訳すると意味が伝わらなくなるケースもあるため、専門知識を持っている業者に依頼することがポイントである。また、できる限りネイティブの翻訳者がいる業者活用が良いということもある。翻訳する場合、ネイティブの人が翻訳することが最も自然な表現で、確実な文書として翻訳してもらうことができる。その為、ネイティブの翻訳者がいる業者を選び依頼することでより信頼性の高い翻訳とすることができる。その他、実績の多い翻訳会社活用もある。実績の多い翻訳会社では、様々な文書翻訳をしており重要文書でも安心して任せられる可能性が高くなる。その為、翻訳会社の活動実績などの確認がポイントになる。

Copyright© 2017 海外進出を目指そう!翻訳会社に依頼をするメリット All Rights Reserved.