良い不動産の探し方|情報を集めて自分の目で確かめる

物件探しのポイント

女性

物件情報を正しく知る

賃貸物件を借りようと思っている人の多くは、家賃や利便性を考えながら選ぶケースが一般的です。周辺エリアにも近くアクセスが良いにもかかわらず、家賃が安いとその理由を知りたいと考える人も多く見られます。好条件にも関わらず物件が安くなるということは、何かしら理由があると考えられます。賃貸物件だけでなく一軒家などの売買の際も、その理由について不動産会社に確認しておきましょう。物件の中には、事故物件と呼ばれるものもありますが、その場合は不動産会社が告知しなければならないという決まりがあります。事故物件とは、以前住人が何らかの原因で死亡した事実や物件の周辺に墓地があるなどの心理的に抵抗を感じる物件と解釈されています。万が一、これらの心理的瑕疵がありながら契約者などに告知していない場合、告知義務違反として処罰されるのが特徴です。事故物件であっても、その後借主がいたり年数が経過していたりすると告知義務が無くなっている可能性があります。家賃が通常と同じ価格に戻っているケースもあるため、事故物件であるかを見極めるのが難しくなります。東京には不動産関連の物件が数多くあり、中には事故物件が紛れ込んでいる可能性も少なくありません。東京で物件を探す際には、不動産会社へ事故物件の確認をすることがポイントです。また、周辺住民に聞いてみることで、不動産会社からは聞けない内容を知ることもできます。東京周辺で物件を探すなら、まずは信頼できる不動産会社を利用することがおすすめです。不動産会社や物件数が多い東京だからこそ、安心できる快適な住まいを探すことができます。